【Python】リストへの要素の追加・挿入・削除方法を紹介!

こんにちは!

皆さんはリストの追加・挿入・削除などの操作をしっかりと行えていますか?

今回の記事では、主に以下の3つを紹介します。

  • 要素の追加方法
  • 要素の挿入方法
  • 要素の削除方法

要素の追加方法

「append()」を使用することで、リストの末尾に要素を追加することができます.

append(追加する値)

以下のプログラムは、listの末尾に4、5を追加するプログラムです。

list = [1, 2, 3]
list.append(4)
list.append(5)
print(list)

実行結果

[1, 2, 3, 4, 5]

要素の挿入方法

「insert()」を使用することで、指定の位置に要素を挿入することができます。

 insert(挿入位置, 挿入する値)

以下のプログラムは、listのインデックス番号3に4を追加するプログラムです。

list = [1, 2, 3, 5]
list.insert(3, 4)
print(list)

実行結果

[1, 2, 3, 4, 5]

要素の削除方法

指定の位置の要素を削除

「pop()」を使用することで、指定の位置の要素を削除することができます。

pop(削除する値の位置)

pop()で位置を指定しない場合(引数の指定なしの場合)には、リストの末尾の要素を削除します。

以下のプログラムは、listのインデックス番号1の要素と末尾の要素を削除するプログラムです。

list = [1, 2, 3, 4, 5]
list.pop(1)
print(list)

list.pop()
print(list)

実行結果

[1, 3, 4, 5]
[1, 3, 4]
空のリストにpop()を実行した場合、エラーが出てしまいます。

プログラム例)

list = []
list.pop()

実行結果

Traceback (most recent call last):
  File "list_pop.py", line 2, in <module>
    list.pop()
IndexError: pop from empty list

if文や例外処理などを用いて、エラーが出ないようにしましょう。

以下のプログラムは、空のリストにpop()を実行しても、if文によりエラーが出ないようにしているプログラムです。

list = []

#リストが空の場合はスルー
if list:
    list.pop()

例外処理は下記記事を参考に試してみましょう。

参考記事

こんにちは! 皆さんは、プログラムを書くときにきちんと例外処理を書いていますか? 例外とは、プログラム実行時に出るエラーのことで、例外処理は、その例外発生時にプログラムを止めずに実行する処理になります。 例外処理を行わな[…]

例外処理

指定の値を削除

指定の値を削除するには、「remove()」を使用します。

remove(削除する値)

remove()を実行すると、リスト内で一番初めに出現する指定の値を削除します

以下のプログラムは、list内の要素が3である部分を削除するプログラムです。

list = [1, 2, 3, 4, 5]

list.remove(3)
print(list)

実行結果

[1, 2, 4, 5]
リストに存在しない値を指定した場合、エラーが出てしまいます。

プログラム例)

list = [1, 2, 3, 4, 5]

list.remove(6)
print(list)

実行結果

Traceback (most recent call last):
  File "list_remove.py", line 3, in <module>
    list.remove(6)
ValueError: list.remove(x): x not in list

popの場合と同様に、if文や例外処理によってエラーが出ないようにしましょう。

以下のプログラムは、list内に存在しない値をremove()によって指定してもエラーが出ないようにしているプログラムです。

list = [1, 2, 3, 4, 5]

target = 3

if target in list:
    list.remove(target)

print(list)

実行結果

[1, 2, 4, 5]

指定の値を複数個削除

while文とremove()を組み合わせると、リスト内の指定の値を複数個(全て)削除することができます。

以下のプログラムは、list内の要素が2である部分を全て削除するプログラムです。while文を用いて、エラーが出ないようにしています。

list = [1, 2, 3, 2, 1]

target = 2

while target in list:
    list.remove(target)

print(list)

実行結果

[1, 3, 1]

まとめ

今回の記事では以下の手法を紹介しました。

  • 要素の追加方法
     →「append()」
  • 要素の挿入方法
     →「insert()」
  • 要素の削除方法
     →「pop()」
      「remove()」

しっかりと使用法を覚えておきましょう!