【Python】リストの連結方法を2つ紹介!

こんにちは!

皆さんはリストの連結方法が2つあることを知っていますか?

今回の記事では、以下の2つの方法を紹介します。

  • 演算子による連結
  • extend()による連結

演算子による連結

+演算子を使用

「+演算子」を使用することで、簡単にリストとリストの連結を行うことができます。

以下のプログラムは、+演算子によりリストとリストを連結させるプログラムです。

list1 = [1, 2, 3]
list2 = [4, 5, 6]

list3 = list1 + list2
print(list3)

実行結果

[1, 2, 3, 4, 5, 6]

+=代入演算子を使用

「+=代入演算子」を使用することで、リストにリストの要素を全て追加することができます。

以下のプログラムは、空のリストにリストの要素を追加していくプログラムです。

list = []
list += [1]
list += [2, 3, 4]
list += [5, 6]

print(list)

実行結果

[1, 2, 3, 4, 5, 6]

空のリストの作成方法が2パターンあることは知っていますか?
上記のプログラムの方法の他にも、list()を使用する方法もあります。

以下の記事を参考に関連知識を抑えておきましょう。

関連記事

こんにちは! 皆さんは、様々な方法でリストを作成できることを知っていますか? 今回の記事では、リストの作成方法を複数紹介します。 紹介する作成方法は下記の4つです。 通常の作成方法要素を繰り返すリストの作成方法list[…]

リストの作り方

extend()による連結

「extend()」を使用することで、リストとリストの連結を行うことができます。

追加元のリスト.extend(追加したいリスト)

以下のプログラムは、list1にlist2の要素を追加するプログラムです。

list1 = [1, 2, 3]
list2 = [4, 5, 6]

list1.extend(list2)
print(list1)

実行結果

[1, 2, 3, 4, 5, 6]
リストに要素を追加する「append()」と間違えないようにしましょう。

append()を使用すると、以下のようlist2がリストのまま要素として追加されてしまいます。

以下のプログラムは、append()を使用してしまった際のプログラムです。

list1 = [1, 2, 3]
list2 = [4, 5, 6]

list1.append(list2)
print(list1)

実行結果

[1, 2, 3, [4, 5, 6]]

まとめ

今回の記事では、リストの連結方法として以下の手法を紹介しました。

  • 演算子による連結
     →+演算子、+=代入演算子を使用
  • extend()による連結
     →append()との違いに注意

自分の使いやすいと思った方法をしっかりと覚えておきましょう!