【Python】ディレクトリの中身を空にする方法を紹介!

こんにちは!

皆さんは、Pythonでディレクトリ操作をする際にあるディレクトリの中身を全て削除したいと思ったことはありませんか?

Python初心者
ディレクトリの中のファイル名とかも違うし難しそう・・・

ディレクトリの中身を空にするには、視点を変えると簡単に行うことができますよ。

今回の記事では、以下の内容について紹介します。

  • ディレクトリの中身を空にする方法

ディレクトリの中身を空にする

冒頭で視点を変えるといいましたが、どうすれば良いのでしょうか。

普通に考えたら、ディレクトリの中身を空にするには、ディレクトリ内のファイルを1つ1つ削除する、と考えますよね。

では視点を変えてみましょう。

ディレクトリの中身を空にするには、一度中身を空にしたいディレクトリを削除してから、もう一度ディレクトリを作り直す、この方法が一番簡単な方法です。

中身のあるディレクトリの削除には、「shutil.rmtree()」

ディレクトリの作成には、「os.mkdir()」を使います。

あわせて読みたい

こんにちは! 皆さんは、Pythonでファイル・ディレクトリを削除したいと思ったことはありませんか? Python初心者 ファイル操作には必須だね! ファイルを削除するには、osモジュールの「remove()」、ディレク[…]

ファイル・ディレクトリの削除方法を紹介!
あわせて読みたい

こんにちは! 皆さんはいつもディレクトリを作成する時は、どうやって作成していますか? 右クリックで新規作成したり、コマンド入力で作成したりする人が大半だと思います。 しかし、Pythonでディレクトリを作成できるようにな[…]

ディレクトリ

実際にディレクトリの中身を空にしてみる

では実際にやってみましょう。

まず以下のプログラムで、中身の入ったディレクトリを作成します。

import os

os.makedirs('deletedir/test', exist_ok=True)

with open('deletedir/test.txt', 'w') as f:
    f.write('')

print(os.listdir('deletedir'))

実行結果

['test', 'test.txt']

deletedirの中にtestとtest.txtが作成されました。

では、さっきほど説明した流れで、ディレクトリの中身を空にしましょう。

deletedirを中身も一緒に削除し、deletedirを新しく作成します。

import os
import shutil

shutil.rmtree('deletedir')

os.mkdir('deletedir')

print(os.listdir('deletedir'))

解説

shutil.rmtree(‘deletedir’)
deletedirを中身ごと削除します。
os.mkdir(‘deletedir’)
deletedirを作り直します。
print(os.listdir(‘deletedir’))
deletedirの中身を確認します。
実行結果
[]

最後に残っているのは、からのディレクトリのみですね!

これでディレクトリを空にすることができました。

まとめ

今回の記事では、以下の内容について紹介しました。

  • ディレクトリの中身を空にする方法
    →ディレクトリを削除し作り直す
Python初心者
視点を変えることで簡単に実装できるようになるね!

皆さんも一度プログラミングで詰まったら視点を変えて考えてみましょう!