【Python】文字列を連結する方法を紹介!

こんにちは!

皆さんは、文字列を連結させたいと思ったことはありませんか?

Python初心者
文字列を連結させることはよくあるよね!

文字列の連結は、「+, +=演算子」「join()」を使うと簡単に行うことができますよ。

今回の記事では、以下の内容について紹介していきます。

  • +, +=演算子で文字列を連結させる方法
  • join()で文字列を連結させる方法

演算子を用いて文字列を連結

+演算子

「+演算子」を用いると、文字列同士を単純に連結させることができます。

str = "a" + "b" + "c"
print(str)

実行結果

abc

+演算子では、変数でも連結させることが可能です。

str1 = "a"
str2 = "b"
str3 = "c"

str = str1 + str2 + str3
print(str)

実行結果

abc

+=演算子

「+=演算子」を用いると、左辺の文字列の変数に右辺の文字列が連結されます。

str1 = "a"
str2 = "b"

str1 += str2
print(str1)

実行結果

ab

+=演算子を用いると、任意の回数繰り返した文字列を作成することもできます。

例)

str = ''

for i in range(0, 5):
    str += 'abc'

print(str)

実行結果

abcabcabcabcabc

abcという文字列を5回変数に代入することで、abcが5回繰り返された文字列を作成することができました。

join()を用いて文字列を連結

「join()」を用いると、文字列のリストを1つの文字列に連結することができます。

書式は以下のようになります。

‘区切り文字’.join(リスト)

区切り文字に何も入力しなければ、単純に文字列が連結されます。

list = ['a', 'b', 'c']

str = ''.join(list)
print(str)

実行結果

abc

区切り文字に文字を入力すると、連結される文字列の間にその文字を入れて連結されます。

str = ','.join(list)

実行結果

a,b,c

まとめ

今回の記事では、以下の内容について紹介しました。

  • +, +=演算子で文字列を連結させる方法
    →単純に文字列を連結可能
  • join()で文字列を連結させる方法
    →区切り文字を設定して文字列を連結可能
Python初心者
文字列の連結は簡単だったね!

皆さんも文字列の連結方法を覚えて、プログラミングの幅を広げましょう!