【Python】文字列中の文字数を数える方法を紹介!

こんにちは!

皆さんは、文字列中の文字数を数えたいと思ったことはありませんか?

Python初心者
よく使いたくなるよ!

文字数を数えるのは様々なところで使えますね。

文字列中の文字数を数える際には、「len()」を使うと簡単に文字数を数えることができますよ。

今回の記事では、以下の内容について紹介します。

  • len()の使い方
  • カウントの際の注意点3つ

文字列中の文字数を数える「len()」

「len()」を使うと、文字列中の文字数を数えることができます。

len(文字列)

len()はオブジェクトの長さを返します。

以下のプログラムは、len()により文字列の文字数を数えるプログラムです。

str = "python"

print(len(str))

実行結果

6

「python」は6文字の文字列なので、6を返していますね。

カウントの際の注意点

空白の扱い

len()では、空白も1文字としてカウントします。

str = "py thon"

print(len(str))

実行結果

7

半角・全角の扱い

len()では、半角文字、全角文字どちらも1文字としてカウントします。

str1 = "python"
str2 = "ぱいそん"

print(len(str1))
print(len(str2))

実行結果

6
4

エスケープシーケンスの扱い

len()では、「\t」や「\n」などのエスケープシーケンスは1文字としてカウントします。

エスケープシーケンスの説明は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

こんにちは! 皆さんは、エスケープシーケンスを使ったことがありますか? Python初心者 改行の時とかに使うね! Pythonで使えるエスケープシーケンスは複数あるのでまとめます。 今回の記事では、以下の内容に[…]

Pythonで使えるエスケープシーケンスを紹介!
str = "\t\n"

print(len(str))

実行結果

2

まとめ

今回の記事では、以下の内容について紹介しました。

  • len()の使い方
    カウントしたい文字列を指定
  • カウントの際の注意点3つ
    空白は1文字
     半角全角どちらも1文字
     エスケープシーケンスは1文字としてカウント
Python初心者
これで文字数をカウントできるようになったね!

カウントの際の注意点に気をつけて、文字列中の文字数を数えてみましょう!