【Python】Matplotlibで縦線・横線を描く方法を紹介!

こんにちは!

皆さんは、Matplotlibで縦線・横線を描きたいと思ったことはありませんか?

Python初心者
格子線を描こうと思ったけど描きかたがわからなかったよー泣

縦線・横線を描くのは、補助線を描くのにも便利です。

Matplotlibで縦線・横線を描くには、「vlines()」「hlines()」を使うと簡単に描くことができますよ。

今回の記事では以下の内容について紹介します。

  • Matplotlibで縦線を描く方法
  • Matplotlibで横線を描く方法
  • Matplotlibで格子線を描く方法

Matplotilbで縦線を描く

Matplotlibで縦線を描くには、「vlines()」を使います。

plt.vlines(data, ymin, ymax)

dataは、線を描く場所を示す数字または1次元配列を指定します。
ymin, ymaxは、縦線を描く範囲を指定します。

import matplotlib.pyplot as plt

ymin, ymax = -3, 3

plt.vlines(1, ymin, ymax)
plt.ylim(ymin, ymax)
plt.show()

実行結果

線の種類を変更する

オプションを指定することで、線の種類を変更することができます。

今回紹介するのは、色、線の形、線の太さの変更方法です。

色は「colors」
線の形は「linestyle」
線の太さは「linewidth」に指定します。

線の形「linestyle」は、solid, dashed, dashdot, dottedの中から選択可能です。

plt.vlines(1, ymin, ymax, colors='red', linestyle='dashed', linewidth=3)

実行結果

Matplotlibで横線を描く

Matplotlibで縦線を描くには、「hlines()」を使います。

plt.hlines(data, xmin, xmax)
import matplotlib.pyplot as plt

xmin, xmax = -3, 3

plt.hlines(1, xmin, xmax)
plt.xlim(xmin, xmax)
plt.show()

実行結果

hlinesもvlinesと同様に線の種類を変更できるので試してみてください。

格子線を描いてみる

では、vlines、hlinesを使って格子線を描いてみましょう。

以下のプログラムは、vlines, hlinesを使って格子線を描くプログラムです。

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

min, max = -1, 1
gpoint = np.arange(-1, 1, 0.2)

plt.vlines(gpoint, -1, 1, linewidth=0.3)
plt.hlines(gpoint, -1, 1, linewidth=0.3)
plt.xlim(min, max)
plt.ylim(min, max)
plt.show()

実行結果

いい感じの格子線が描けましたね。

まとめ

今回の記事では、以下の内容について紹介しました。

  • Matplotlibで縦線を描く方法
    「vlines()」を使用
  • Matplotlibで横線を描く方法
    「hlines()」を使用
  • Matplotlibで格子線を描く方法
    上記の両方を使用
Python初心者
格子線って簡単に描けるんだね!

縦線・横線を引く技術は様々なところに応用できるので、しっかりと押さえておきましょう!