【AI】よく聞く人工知能、機械学習、ディープラーニングって何が違うの?

こんにちは!

皆さんは、人工知能(AI)機械学習ディープラーニングという3つの言葉の違いは分かりますか?

最近ではテレビなどで、人工知能(AI)という言葉をよく目にしますが、機械学習、ディープラーニングとはどのような違いがあるのでしょうか?

今回はこれらの言葉の違いについて簡単に説明していきます。


人工知能、機械学習、ディープラーニングの違い

では早速これらの言葉の違いについて見ていきましょう。

人工知能、機械学習、ディープラーニングには、以下の図のような包含関係があります。

つまり、人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは、定義されている範囲が違うということですね。

人工知能というと、機械学習もディープラーニングも含みます。

機械学習というと、ディープラーニングを含みます。

3つの言葉の関係を数学的に表すと、
「人工知能 ⊃ 機械学習 ⊃ ディープラーニング」
となります。


人工知能とは?

人工知能はAIとも呼ばれていて、最近では、様々な場所で聞く言葉になったと思います。

しかし人工知能という言葉には、実は明確な定義が定まっていません。

明確な定義が定まっていないからこそ、家電の謳い文句などでAIという言葉がよく使われるようになっているんですね。

人工知能と聞いたら、「コンピュータが、人間の認知・判断などの機能を実現するもの」というように、大雑把に考えていただければ大丈夫です。


機械学習とは?

機械学習とは、「大量のデータから規則性などを見つけ出し、それに基づいて未知のデータに対して予測・判断すること」を指します。

機械学習を実現するアルゴリズムは非常にたくさん編み出されています。
様々なアルゴリズムを勉強するのはとても楽しいですよ。

様々なアルゴリズムについては、今後記事にしていきたいと思っています。

ちなみに、機械学習はマシンラーニングとも呼ばれています。


ディープラーニングとは?

ディープラーニングとは、機械学習における学習方法の一種で、「コンピュータが自らデータの特徴を抽出し、学習していくアルゴリズム」です。

例えば、猫の画像があるとします。
ディープラーニング以外の機械学習アルゴリズムでは、猫の顔はこんな形だ、目はこんな形だ、色はこんな色だ・・・というように、猫の特徴を人間の手で教えてあげないと学習ができませんでした。


ディープラーニングでは、大量の猫の画像から、どの部分に着目すれば、猫を認識できるのかをコンピュータが自動で判断し、それにより学習を進めていくことができます。

現在のAIブームは、このディープラーニングの台頭により活発になりました。

ディープラーニングは、よく深層学習とも呼ばれているので覚えておきましょう。


まとめ

いかがでしたか?
人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いについて理解できたでしょうか?

これらの3つの言葉は、主に定義領域が違います。

「人工知能 ⊃ 機械学習 ⊃ ディープラーニング」という関係を覚えておきましょう。

この3つの言葉達についてもっと詳しく知りたい方には、
「人工知能は人間を超えるか」という書籍がオススメです。

以下の記事にこの書籍のレビューを書いているので参考にしてみてください。

人工知能や機械学習などの技術者は年々需要が高まってきています。
これらの知識をより深く学んで、将来の仕事などに役立てましょう!