【Python】プログラミング初心者のオススメの勉強法

  • 2019年7月3日
  • 2020年4月3日
  • Python


こんにちは!

世の中には、Pythonを学びたい、プログラミングしてみたいと考えていても、何から始めたらいいのか分からない、どういう風に勉強を進めたらいいのか分からない、といった人が数多くいると思います。(実際私もそうでした)

今回はそんな方々のために、Pythonを勉強する際のオススメの勉強法について紹介していきます。


結論

最初に結論から言っちゃいましょう。

結論から言うと、プログラミングを学ぶためにはコードを書くしかありません。

だらだらと基礎知識を学び、コードを写すだけでは、アウトプットができず、一生プログラミングが身につきません。

だからと言って、基礎知識をおろそかにしてはいけませんよ!

基礎知識をしっかりと学び終えたら、次はすぐに行動に移すようにしましょう。


Pythonの基礎を学ぶ

コードを書くためには、まず、基礎を学ぶ必要があります。

Pythonの基礎を学ぶためには、私は書籍の購入をオススメします。

web等を使用して無料で勉強もできるのですが、お金を出して書籍を購入した方がモチベーションが長続きします。

私がオススメしている参考本は以下で紹介しているので、本の購入を検討している方は是非見てみてください。




また、私はあまり使用していませんが、webでPythonの勉強を無料で進めることもできます。有名どころだけ挙げておきます。

どちらも無料でPythonの勉強ができるため、まずはPythonがどんなものか知りたい方にはオススメです。


行動に移す

基礎を学んだら、すぐに行動に移しましょう

なぜすぐに行動に移した方が良いかというと、勉強ばかりでは飽きてしまい、プログラミングをするのが嫌になってしまうかもしれないからです。

行動に移す、といっても具体的には何をすればいいのか・・・?と思った方もいると思います。

ズバリそれは、自分の作ってみたいものを自分で作ってみることです。

どんなに難しそうなものでも構いません。Pythonを用いれば大抵のことは実現できます。例えば、ゲームを作ってみる、ホームページを作ってみる、webスクレイピングを試してみる、機械学習をしてみる、などなんでもいいのです。

Pythonを学び始める上で、大抵の人がPythonを使って何をしたいか、何を作りたいのかを決めて勉強を始めたと思います。

基礎を学び終えたら、早速自分のやりたいことをやりましょう!

ちなみに僕は機械学習を使ったものを作成するために、いろいろ試しながら勉強中です。

僕が長期的に作成しようとしているものは以下のこのブログの紹介に乗せてあるので是非参考にしてみてください。




分からないことがあったら調べる

「2.行動に移す」で行動に移したはいいが、分からないことだらけだ!という方もいると思います。ですが安心してください!みんな初めはわからないことだらけです

Python以外の言語で開発を行っていた方や、実務経験がある方ならまだしも、最初からプログラムをスラスラ書ける人なんていません。みんな苦労してわからないことがあってもめげずに調べていき、どんどん分からなかったことを学習していきます。

そしてそのうち、分からないことを解決する、ということがどんどん楽しく思えるようになる日がきます。

そうなればプログラムを書くのが楽しくなり、どんどんプログラミングにのめり込むようになります。

私が、分からないことがあったときどのように調べているかというと、

  • 参考本で調べる
  • web検索を利用する

の2つの方法があります。参考本で調べて見つからない情報は、web検索を利用するという流れになります。

調べる参考本として私が使用している書籍は、オススメの参考本の記事に載せてあるのでみてくれた方もいると思いますが、「詳細! Python3 入門ノート」という本です。この本は、Pythonの基礎知識が網羅的に書いてあり、調べ物をするのにとてもオススメです。

web検索を利用すると、自分がわからなかったことは、誰かがまとめてくれてたりするため、比較的簡単に探すことができます。


1つの作品を完成させる

ここまでくれば、もう自分の力のみで様々なものの開発を進めることができるようになると思います。

そのまま開発を進めて、1つの作品を完成させましょう!

しかし、最初に作成しようとしたものが難しすぎて、調べまくっても完成させることができない・・・といったこともあるかと思います。

そういった時は、思い切って中断し別のものの作成に移りましょう!

ここまで、わからないことを一生懸命調べて、Pythonの知識を身につけたのなら、「こういったものを作成するのはこのくらいの難易度だ。」ということがなんとなくわかるようになります。最初に作成しようとしたものよりもレベルを下げて、作成したいものを考え、製作に取り掛かりましょう。

このようにして、自力で1つの作品を完成させてみましょう。そうすることによって、達成感や自分で作品を作り上げた感動などを感じることができます。そしてそれが次へのモチベーションになります。


まとめ

とにかくPythonを身につけるためには、自分でコードを書きましょう。分からないことがあっても、めげずに自力で調べることは必ず力になります。

また、この記事で述べたことは、他の言語を学ぶときにも役に立つはずです。Pythonを身につけることによって様々なプログラミング言語への架け橋ともなります。

いち早くPythonを身につけて楽しい Pythonライフを送りましょう♪