【Python】Pythonで使えるエスケープシーケンスを紹介!

  • 2020年7月28日
  • 2020年7月28日
  • Python

こんにちは!

皆さんは、エスケープシーケンスを使ったことがありますか?

Python初心者
改行の時とかに使うね!

Pythonで使えるエスケープシーケンスは複数あるのでまとめます。

今回の記事では、以下の内容について紹介します。

  • エスケープシーケンスとは
  • Pythonで使えるエスケープシーケンス
  • macでの注意点

エスケープシーケンスとは

エスケープシーケンスは、特殊文字とも呼ばれており、コンピュータシステムにおいて、通常の文字列では表せない特殊な文字や機能を、規定された特別な文字の並びにより表したものです。

エスケープシーケンスを使うと、文字列中で改行を行ったりアラートを鳴らしたりすることができます。

Pythonで使えるエスケープシーケンス

Pythonで使えるエスケープシーケンスを以下に示します。

エスケープシーケンス 意味
\newline バックスラッシュと改行文字の無視
\\ バックスラッシュ(\)
\’ 一重引用符
\” 二重引用符
\a ASCII端末ベル
\b ASCIIバックスペース
\f ASCIIフォームフィード
\n ASCII行送り
\r ASCII復帰
\t ASCII水平タブ
\v ASCII垂直タブ
\ooo 8進数値oooを持つ文字
\xhh 16進数値hhを持つ文字

文字列のみで認識されるエスケープシーケンスは以下の3つです。

エスケープシーケンス 意味
\N{name}  Unicodeデータベース中でnameという名前の文字
\uxxxx 16-bit16進数値xxxxを持つ文字
\Uxxxxxxxx 32-bit16進数値xxxxxxxxを持つ文字

ちなみに、エスケープシーケンスは「len()」で文字列の長さを測った際には1文字として判定されます。確認しておきましょう。

あわせて読みたい

こんにちは! 皆さんは、文字列中の文字数を数えたいと思ったことはありませんか? Python初心者 よく使いたくなるよ! 文字数を数えるのは様々なところで使えますね。 文字列中の文字数を数える際には、「len()」を使[…]

文字数を数える方法を紹介!

よく使うエスケープシーケンスを使ってみよう

\newline

少しわかりにくいですが、「\newline」と記述するわけではなく、「\」の後に改行されても改行を無視するという意味です。

以下のプログラムは、\newlineの使用例です。

str = 'Python\
初心者の\
備忘録'

print(str)

実行結果

Python初心者の備忘録
Python初心者
何回か使ったことあるけどこれがエスケープシーケンスだなんて知らなかった!

\n

「\n」は改行を行います。

str = 'Python\n初心者の\n備忘録'

print(str)

実行結果

Python
初心者の
備忘録

\\ \’ \”

「\」はエスケープシーケンスに、「’」「”」は文字列を表す際に使用するため、そのまま文字列として出力することができません。

そのため、先頭に\をつけて、文字列に出力します。

str = '\\ \' \"'

print(str)

実行結果

\ ' "

macでエスケープシーケンスを使用する際の注意点

windowsでは、「¥」「\」は両方ともバックスラッシュとして認識されます。

しかし、macでは、「¥」「\」は別の記号として扱われます。

そのため、macでエスケープシーケンスを使用する際には、きちんと「\」を使うようにしましょう。

「option + ¥」で「\」を出力することができます。

まとめ

今回の記事では、以下の内容について紹介しました。

  • エスケープシーケンスとは
    特殊な文字や機能を特別な文字の並びにより表したもの
  • Pythonで使えるエスケープシーケンス
    →全16つ
  • macでの注意点
    →「¥」ではなく「\」を使う
Python初心者
改行のエスケープシーケンスはよく使うから覚えておかないとね!

Pythonで使えるエスケープシーケンスを覚えて、実際に使えるようになりましょう!